メインページへ
トップページへ コンセプト サービス インフォメーション お問い合せ
コンセプトコンセプト
ロゴの由来
CRS研究所は北海道の医療機関で治験実施を支援します

「CRS」はClinical Research Systemの略。新薬開発のメインステップである臨床試験〜治験〜を、より効率よく実施する環境作り・システム作りを標榜し、株式会社CRS研究所は 1999年に設立されました。
1997年のいわゆる新GCP施行後、一旦は低迷した国内治験も現在では種々の取り組みにより再び活性化する傾向にあります。その中で、製薬企業はより良い治験実施施設を求め、また医療機関も受け入れ体制を整えているのが現状ではないでしょうか。
治験実施に当たっては、「信頼性の高いデータ、症例登録のスピード、そして低コストであること」が最も重要であると考えられます。当社は、このような製薬企業のニーズに応えるため、また治験実施医療機関に対しては質の高い治験支援業務を実施するため、日々努力を重ねています。
SMO事業としては、札幌市の産婦人科開業医による「札幌産婦人科治験ネットワーク」の設立に参画し、治験体制の整備を行ないました。ネットワーク始動後は、治験事務局・ 治験審査委員会(IRB)事務局(IRBは参加施設の共同設置)として、また治験コーディネーターとして、治験業務をトータルにコーディネートすることで質の高い治験を実現致しました。
またCRC事業としては、治験実施医療機関のニーズに応じて熟練した治験コーディネーターが業務を行なうことで、円滑な治験実施を支援しております。
株式会社CRS研究所は、北海道という立地条件を生かしながらコストを押さえ、小企業ならではの小回りのきく対応を常に心掛け、顧客志向の業務を行ない続けます。


代表取締役 植草よりメッセージ


〜Think globally but act locally〜

札幌という地域に密着しながらも、常に広い視野で治験について考え、真摯に取り組んで行きたいと考えいます。
製薬企業と医療機関、そして治験に協力頂く患者さんとをつなぐ企業として、皆さまに信頼を頂けるようスタッフ一同日々努力を続けて参りますので宜しくお願い申し上げます。

Director 桜庭よりメッセージ

 CRCに求められるスキルの中で特に重要なものは、医学薬学的な専門知識とコミュニケーション能力です。私たちは、専門知識を高めるために、日々学習しながら疑問をもって業務に取り組み、生じた疑問には都度答えを見つけるようにしています。コミュニケーション能力は、個々の資質に負う部分が大きいのかもしれませんが、アットホームな雰囲気の中、スタッフ同士で切磋琢磨して向上を目指しています。
当社は少人数ですが、これまでに全てのコーディネーターが日本臨床薬理学会認定CRC試験を受験し、全員1回の試験で合格、認定CRCとして活躍しています。CRCとして、臨床試験の現場で起きる多様なニーズに細かく応えつつ、日本の創薬・育薬に少しでも貢献できるよう、日々努力を続けて行きたいと考えています。

Director 桜庭 希

 

Copyright(C) 2003 CRS Institute,Inc. All Rights Reserved.